通販の基本はサイト作り!売れるようにするためのLPO

売れる商品を作るのに必要なランディングページ

商品の販促を徹底的に行って通信販売で稼いでいこうと考えたら宣伝広告の方法を吟味する必要があります。ウェブマーケティングを行う上ではユーザーに販促のためのページに到達してもらうことが重要なので、SEO対策を行ったり、リスティング広告を出したりすることが欠かせません。しかし、それでもなお購入にまで到達する人は多くはありません。重要なのはそのリンクをクリックして来た人が買ってくれるかどうかであり、ランディングページを充実させることが不可欠です。ランディングページでうまくユーザーの目を引いて購入にまで到達させられるようになるとウェブ広告を使用したりSEO対策をしたりしたことが意味を成すようになります。

LPOを行うための運用

ランディングページは最初に考案してものが最適であることはあまりありません。LPO対策を行うのが必須であり、常に運用することでコンバージョンを上げるという意識が不可欠です。ウェブ解析を行ってランディングページのどこを読んでもらえていて、どこで離脱されてしまっているのかを分析してみるとランディングページの最適化を行うべき場所が明らかになります。特にファーストビューが酷いせいでほとんどの人に離脱されてしまっているというのはよくあるパターンです。また、購入に至るためのボタンが見づらいというのもコンバージョンが上がらない原因になります。このような視点でLPO対策を行っていくと通信販売で利益を上げられるようになるのです。

通販のパッケージは、商品に対するお客様の第一印象を決めるものです。パッケージの仕上がりが売上に影響することは珍しくないといえるでしょう。