自分が運営しているサイトで他人が書いた誹謗中傷は管理者の責任

コメント覧には注意が必要

ブログにはコメント欄を設置している場合が多く、誰でも好きな時に自由に書き込みができる環境にあります。しかしブログのコメント覧にはユーザーが書き込みを行うものの法的には書き込みの責任は管理者に発生します。そのため誹謗中傷によって出た損害を請求された場合は自分が書き込んだ訳でなくても管理者は賠償請求に応じる必要が出る事もあります。そうならない為に自分が運営してるブログのコメント欄に不適切な書き込みがされないように注意する必要があるのです。定期的にチェックして問題があるコメントがあれば削除していく作業が必要ですが、それが難しい場合はコメント承認制にするかコメント覧の撤去をしてユーザーが勝手に書きこめないようにすると良いです。

連絡先はわかりやすく記載しておくべき

もしユーザーによって誹謗中傷する書き込みがあってその被害者が書き込みに気づいた場合は最初から損害賠償の請求をするというケースはそれほど多くありません。ますは管理者に問題のある書き込みの削除依頼をする事がほとんどなので、万が一に備えてブログには管理者である自分の連絡先をわかりやすく記載しておくと良いです。もし連絡先がわからないと削除依頼ができずにいきなり法的な手段を取られる可能性があるので、必ずユーザーから連絡を受け取れる体制を整えておくべきです。記載するメールアドレスなどはインターネット上に公開する事になるので、プライベートなアドレスではなくサイト運営用のアドレスを取得する方が良いです。

逆SEOとは特定のWebサイトに対して、検索エンジン上での検索順位を下げさせる施策をすることです。不自然なリンクを貼ることによりペナルティを課させることなどが行われます。