初心者必見!覚えておくべきホームページ作成の基本知識

ホームページの基本HTML

HTMLとは文章の構造を定義するためのマークアップ言語です。タグと呼ばれるものを使って、見出しや段落などを定義していきます。また、画像や動画を埋め込んだり、ホームページ内を行き来するリンクを設置したりすることもできます。タグを使って正しく構造を定義することは重要で、検索エンジンでのランキングにも関わってくるので、まずはそれぞれのタグの使い方を正確に覚えましょう。

見た目を整えるCSS

CSSという言語では、ホームページの見た目を装飾したり、各コンテンツの配置を決めたりすることができます。基本的にホームページのレイアウトでは、四角いブロックを積み重ねていくように配置していきます。そしてCSSでは、そのブロックを縦に並べるのかや横に並べるのかを決めたり、ブロックどうしの間をどれだけあけるのかを決めたりすることが可能です。見た目の装飾では、文字の色や大きさ、フォントの種類、背景の色などを、細かく設定することができます。

よりリッチな見た目にできるJavaScript

JavaScriptというプログラミング言語はホームページをより機能的にするのに役立ちます。具体的には、表示する画像を一定時間ごとに切り替えるスライダーや、ある程度下にスクロールしたときに上に戻るためのボタンを表示させるなど、さまざまな機能を追加することが可能です。また、JavaScriptはAjaxという技術にも使われています。Ajaxを使うことで、ブラウザとサーバー間でやりとりをし、画面を遷移することなくホームページの一部をユーザーの操作ごとに変化させることができるようになります。

ホームページ制作に実績のある業者を見つけるにあたり、デザインやプログラミングの技術力の高いスタッフの在籍状況をチェックしましょう。