昨今のIT業界においてネットワーク監視は絶対必要!

IOTサービスとネットワーク監視

IOTサービスの活性化が進む昨今のIT業界において、ネットワークの監視は必要不可欠なものとなってきています。多種多様な複数のセンサーデバイスから必要な情報を定期的にサーバに送り、送られてきた情報をもとにサーバ側が様々な処理を行い利用者にサービスを提供するIOTサービスにおいて、センサーデバイスからのネットワーク通信が遮断してしまっている状況はサービスの面ではまさに最悪の事態であるといえます。

IOTサービスにおけるネットワーク監視の重要性

昨今のIT市場ではIOT技術があらゆるシーンで活用されており、センサーデバイスから様々な情報をネットワーク経由で取得しています。IOTサービスには様々なサービスがありますが、セキュリティにおいて重要な役割をはたす入退室管理システムや、防災の観点での海面の水位を図るシステム、メールでの緊急の通報等、ネットワークを利用して送信されなければならないデータの重要性は急速に高まっています。このような状況下で、もし仮にネットワークの通信が止まってしまっていることに気づかずに運用していたら、建物に不正な侵入があっても誰も気づかずにログも取られていない、大雨で水位が高くなってきているのに、それを検知している情報が発信されていない、緊急速報のメールが届かない等、まさに死活問題といっても過言ではありません。このような最悪のケースにならないよう、ネットワークは常に正しく通信されているかを確認することが非常に重要であり、

フロー監視とは、ネットワーク上を流れるデータを監視し、データ量が増大して過負荷になっていないか、不正なデータが流れていないかなどを調べます。