早わかり!ネットワーク監視の項目と具体的手段

ネットワーク監視の項目

一般的なネットワーク監視で必要な項目は大きく分けると「死活監視」「遅延監視」という2つの項目に分けられ、1つ目は単純に通信を発生させ通るか確認することによって死活を監視するというものと、同じように通信を発生させますが応答時間まで測定し遅延を監視するというものがあります。それぞれは、当然ですが1日に一回だけ行えばよいようなものではなく、システムやサービスが稼動している時間中において全ての時間で正しくネットワーク通信が行われているよう、最低でも5分間隔くらいでは確認を行う必要があります。したがって、この監視作業を人間が手作業で行うのは手間と労力的な面におて現実的に不可能でありシステムでの対応を行っているところがほとんどであります。

ネットワーク監視の様々な手段

ネットワーク監視は人間が行うと非常に手間がかかるものであることから、システムが自動的に定期的に行うのが一般的であり、システムが定期的に通信パケットを投げ、正しく通らなかったり、応答時間が閾値を超えていたりした場合に画面上にエラーメッセージを表示させたり、常に画面を見ていることができない運用担当者向けにはエラーをメールで通知したりするサービスが一般的です。他にも、ネットワークを直接ターゲットとした監視方法以外にも、このような方法で検知できない問題を掴むために、実際のサービスの利用を機械的に行い、実際のサービスが正しく利用できるということをネットワークが正しく稼動しているということの表れ、として扱うという考え方に従い、実際のサービスが正しく利用できるということを定期的に検証するという手法も採用されています。

コンフィグ管理はネットワーク機器を一括管理することが可能になります。そのため、業務をスムーズにすすめるためのサポートをしてくれます。