ホームページのデザインは収益率に大きく影響する

競合サイトとの違いを出せる

ホームページで集客して収益化している場合はホームページのデザインは重要な事です。競合する同じジャンルのホームページとの違いをユーザーにアピールして覚えてもらいホームページへのリピーターを増やす事ができれば長期的に考えてメリットがあります。

またホームページのデザインによってユーザーの管理者に対するイメージも変わってくるので、デザインを上手く活用すればホームページのコンテンツだけでなく管理者である自分自身もユーザーから好感を持ってもらえます。

また長期間の運営でマンネリ化を防ぐのにデザインを活用するのも有効な手段です。

デザインで滞在時間や閲覧ページ数に影響が出る

ページ内に入った時のユーザーの第一印象は非常に重要です。印象が良ければそのページへの平均滞在時間は長くなりますし、逆に悪ければページ内にとどまる平均時間は短くなります。当然コンテンツの質によっても平均の滞在時間は変わるので、デザインだけが全てではありません。しかしデザインによってホームページの収益率に影響を及ぼすのは事実なので、ユーザーが読み進めたいと思えるデザインを採用するべきです。

ホームページのデザインは背景の色やヘッダー画像だけでなく、カテゴリーやおすすめの記事などリンクの配置も含まれます。

内部リンクの配置なども効果的に行って、全体のデザインとしてわかりやすくて使いやすいホームページを作り上げていく事で一つのページの滞在時間だけでなく、ユーザー一人あたりの閲覧ページ数を増やす事ができます。

レスポンシブデザインとは、パソコンやスマホなど、異なる種類の電子端末からアクセスされても表示や操作方法が最適化されることを考えてデザインする手法です。