業務に直接関係ないと思われる研修は何故行われているのか!?

新入社員向けの研修は突飛なものが多い

新入社員研修として、業務に直接関係あることだけでなく、全く無関係ではないかと思える研修が行われることがあります。珍しい新入社員向け研修は、テレビで紹介されることがありますが、必ず目的があることに気が付けることが重要です。

一定のテーマに対して、1人では答えが出せない内容を研修に盛り込んでいることが多いです。学生時代は個人で勉強に取り組むことが一般的ですが、会社では互いに協力してチームワークで仕事をすることが求められます。スタンドプレーは歓迎されないことを理解する必要があるわけです。最初から答えが出ないことが分かっている内容であれば、答えを導き出すために行なう課程が重要であって、議論をどこまで真剣に行い纏められるかが重要でしょう。

研修内容に疑問を持つことが大切です

新入社員として入った直後に行われる研修だけでなく、会社員として勤務を続ける中で上司と部下がチームとなって社員研修が行われます。普段の業務内容とは全く無関係な指示を与えられて、全員で取り組むことに何の意味があるのか疑問に思うこともあるでしょう。チームワークを深めるためという目的と考えられがちですが、必ずしも同じ目的で行われているとは限りません。

管理職に向いている人材を発掘するのは、社員研修時という例も珍しくはないからです。普段の業務では、経験の差が出るので上司の指示に従えば良いでしょう。しかし、与えられた課題次第では若い世代の人が中心となって、課題に取り組まなければクリア出来ないことが少なくありません。この時に役割変更がどのように行われるか、会社側はしっかり見ていると考えられます。社員研修が昇進チェックに使われることも多いわけです。

社員研修とは、企業が企画して行う研修のことです。新しい社員に対して行う新人研修や既存の社員に必要な技術や知識を研修で習得させたりします。